四国山岳紀行 No49-130111 天神山 (てんじんさん) 148.2m △4(天神山)
                香川県三豊市高瀬町羽方/山本町神田 地図 福良見(北西)  山岳紀行トップヘ


                      アクセス道からの天神山(右ピーク)

天神山という名の山も全国に多く見られる。天神さんは菅原道真を祀る神社で(天満宮)ともいい,俗に(天神さん)とよばれる場合が多い。やがて農業に関係の深い天候を司る「天の神」として農耕の神様となったようである。その天神さんが祀られているであろう此の地の天神山を訪れてみた。


                         町道からアクセス道へ

この地の天神さんは「天照大神」天空を照らす偉大なる神という意から、五穀豊穣を祈願する神様のようである。R377の神田交差点から岩瀬へ通ずる町道を1.5km程北上すると、左へ天神さんへのアクセス道が入っている。600m余り進むと、天神さんへの小道が折り返して林の小尾根に伸びている。


                    アクセス道の途中に有る天神さん(天照大神)

よく整備された小道の奥に「天照大神」と刻まれた石碑が小公園の中央に鎮座しており、石碑の裏面にも幾つかの紳名が刻まれている。側には滑り台など子供の遊具も備えられていて、お祭りにはここで村民が子供と一緒にお祭りを楽しんでいる様が想像できる。


         アクセス道終点登山口                        尾根分岐に有る祠神

目的の三角点の有る天神山へは引き返して、更に軽の車両が通れるほどの狭い道を進んで行く。突き当たりに配水施設とその下に廃屋が有って、廃屋の前の小道を竹林の間を上って行くと間もなく尾根に出た。尾根の分岐には祠が祭られている。小道は反対側の谷に下っているようで、こちらからも登って来れるようである。


                       猪避けガード沿いに進むと山頂

竹林沿いに猪避けの高圧電線柵が張られているので触れぬよう注意しょう。その柵に沿って竹林の中を最高点を目指して進むと間もなく山頂に達する。山頂の四等三角点(天神山)を確認する。周囲は一面の竹林で眺望は無い。記念撮影をして往路を下る。


          獣避け高圧ガードに注意                 竹林の中に四等三角点

この山の西側からのルートは、岩瀬池の南側の農免道から宮奥方面に少し南下すると東に茶畑が広がる。茶畑の北端を最高点まで回りこんで行くと峠のような所に着く。ここが西の登山口である。南側の小道を竹林の中を進んで行くと尾根に出る。折り返して竹林の天辺が山頂である。神田側の天神社は峠の西側のピークの南面に有る。四駆であれば茶畑の中からここまで車で入れる。


          茶畑天辺の竹林が山頂                      西側ピークに有る天神社

《コースタイム》 R377神田交差点 5分(車)→登山口 5分→山頂 5分→登山口
          西側からも時間的に大差は無い
          駐車地 登山口  歩行時間 約20分  
          難易度 ★
          爽快度
ページの最初に戻る