四国山岳紀行 No486-121227 城山 (しろやま) 111.0m △
                      香川県三豊市財田町財田上 地図 福良見(南西)  山岳紀行トップヘ


           南東側からの城山                          北東側からの城山

全国に城山と名のつく山は数多いがこの山もその一つである。財田町の総合運動公園、海洋センターが西麓に有る。南側は九合目辺りまでミカン畑が広がり、東側は財田川が要塞となっている。平らに整地された広い山頂は橘城址と呼ばれ、戦国時代に大平伊賀守国秀の居城が有ったとされる。


          アクセス道からの山頂                        アクセス道から北東望

現在山頂一帯は鬱蒼と桧などの常緑樹が茂っている。低い山なので登山という程でないが、こんもりとした山容に目を引かれ登ってみることにした。丸谷工業団地に至る宮坂交差点から東へ、財田八幡神社丘陵横を過ぎて海洋センターの公園の南側から、この山へ向かって延びている農道を辿って行く。


                         山頂の神社と城跡広場                        

高度が上がるに従い眼下に財田町の長閑な田園と街並みが広がる。すぐ西下には海洋センターの建物と運動公園が見えている。ミカン畑の手入れをしていた人に出会ったのでこの山のことを聞いてみた。戦国の長宗我部軍に滅ぼされた歴史が此処にも有ったとのこと。詳しくは管理されている八幡さんの宮司さんが知っているとの言々。


            西麓には海洋館                           西端の山頂にて

低い山なので呆気無く山頂に着いた。鬱蒼と天を覆う樹木の山頂広場は50m四方は有ろうか。中ほどに大平氏を祀った社屋がひっそりと佇んでいた。広場の周囲は朽ちかけた土嚢に囲まれており、城址であることが確認できる。西側の一段と高くなった最高点で記念撮影して次の山へ向かった。


                         アクセス道からの東望

《コースタイム》 R377砂古交差点 8分(車)→海洋センター登山口 7分→ 山頂 5分→登山口
          駐車地 海洋センター駐車場  歩行時間 約12分  
          難易度 ★
          爽快度 ★★
ページの最初に戻る