四国山岳紀行 No485-121227 伊舎院山 (いしゃいんやま) 148.9m △4 (伊舎院山)
                       香川県三豊市財田町財田中 地図 福良見(南西)  山岳紀行トップヘ


                      南東側から伊舎院山(右ピーク)を望む

財田町の中ほどに緩やかに横たわる丘陵地のピークのひとつが伊舎院山である。近くには伊舎那院如意輪寺があり、山名もここからきていると思われる。国道377から県道を結ぶほぼ中間辺りに位置し、アタックし易い里山で町道の上に架かる陸橋の近くにあって短時間で登れそうだが、標識も何も無いので迷い易い山である。


       右の林道を上がり中央の陸橋を渡る                 陸橋へは左折して陸橋を渡る

写真の矢印通り進めば容易に山頂の三角点まで到達できるだろう。陸橋を渡って林道を進んで行くと、間もなく農作業屋が見えてくる。その前の分岐手前から薄い踏み跡が登山口となっているが、殆んど登る人がいないので落ち葉に消され判りにくい。


         陸橋を渡って100mほど進む                    農作業屋手前20mが登山口

農作業屋の前からは林道は二分して延びており、左へ進めば中継塔の先で行き止まり、右へ進めば町道へ抜けられるが、何れも細く悪い道なので車で入らぬほうがよい。登山口から林の中を急登して行くと呆気なく山頂に到達する。山頂は南北に広く、その南端のヤマモモの木の下に三角点がある。


          林の中をワンピッチで頂上                   山頂の四等三角点(伊舎院山)

落葉の季節なのに、常緑樹のヤマモモが天や周囲を覆っていて三角点付近は少し薄暗い。木立の間から西側の開けた山頂の端に立てば、眼前に雲辺寺山が正面に聳え、遠くに赤星山、二ッ岳辺りの伊予の高嶺が霞む。登った山々を点呼しながらの至福のひと時であった。


                         山頂端から西側の眺望

《コースタイム》 R377砂古交差点 4分(車)→登山口 3分→ 山頂 2分→登山口
          駐車地 登山口  歩行時間 約5分  
          難易度 ★
          爽快度 ★★
ページの最初に戻る

雲辺寺山

菩提山