四国山岳紀行 No470-12021 奥谷山 (おくだにやま) 272.1m △4 (奥谷)
                 香川県観音寺市粟井町/大野原町 地図 讃岐豊浜(北東)  山岳紀行トップヘ


                         新池から眺めた奥谷山

この山は観音寺市の粟井川を挟んで、菩提山の南西側に位置する形の良い里山である。南面は頂上直下までミカン畑となって、簡易舗装された作業道を登って行くと容易に頂上に立つことができる。南面は開けていて眼前に雲辺寺山などの雄大な眺望が展開する。


                      山頂直下の登りと南に雲辺寺山

この山へのアクセスは観音寺市から、粟井ダムに通ずる二車線の市道を、アジサイで有名な粟井神社の側を通って奥谷を詰めて行くと、右にどっしりとしたこの山が見えてくる。やがて道は一車線の分岐となって、右に粟井ダムの道標が有るすぐ先から右に折れて、新池の堤へと進んで行くと目指すこの山が近づいてくる。


          西に豊浜辺りの街並み                      作業道終点の奥に山頂

この新池は堤の入口に古い自然石の記念碑が有り、安政三年施工と記されていた。堤の上から見る池は広々として明るく、奥に長閑な田園風景と山並みが美しい。堤を過ぎて道は林道のようなダート道に変り、林の間を抜けるとミカン畑の作業道が右に有り、ここから作業道をジグザグを繰り返しながら登って行く。


                         山頂標識と四等三角点

高度が上がるにつれて眼下に広大な眺望が開け、作業道が終わると頂上に着く。この作業道は簡易舗装されているものの道幅が狭く、軽の四駆車で登れないことはないが、急カーブの切り返しが多く、下からゆっくりと歩いて登る方が無難で有ろう。山頂は20年前に登ったときは三角点が小潅木のブッシュに覆われていたが、最近周囲の雑木が切り開かれて見通しが良くなっていた。


                       頂上直下から南西側の眺望

《コースタイム》 県道 7分(車)→奥谷新池堤 3分→作業道入口 20分→作業道終点頂上
          駐車地 新池堤西側   歩行時間 約40分  登山道 簡易舗装作業道  
          難易度 ★
          爽快度 ★★★★

ページの最初に戻る