四国山岳紀行 No466-120112 下山 (しもやま) 397.2m △4 (下山)
                愛媛県四国中央市川滝町/下川町 地図 伊予新宮(北西)  山岳紀行トップヘ


           境目峠からの下山                         R192から見た下山

この山は頂上近くにNTTの中継塔が有り、そこまでアクセス道が通じているので、登山の対象とはならないが散策がてらに訪れてみた。R192を県境の境目トンネル手前から左折して、旧道の谷に架かる橋を渡り最初のカーブからアクセス道の林道を進んで行くと、中継塔の立つ下山が見えてくる。


          分岐には遍路みち道標                       頂上付近から県境尾根

遍路道から分かれて中継塔を目安に、西へ狭い林道を進んで行くと中継塔の敷地に着く。付近は頂上近くまで整地されていて、クヌギの苗木が植えられている。その奥の自然林が頂上だろうと推測しながら、林の中を進んで行くと四等三角点が有った。


                中継塔西側約150m付近の林の中に有る三角点に向かう

雰囲気の良い林の中は落ち葉が堆積していて歩きやすく、その中に赤松の大木が天高く幹を伸ばしているのが印象的だった。しかしこれらの松も元気が無く、枯れかかっているものもあって危惧される。どこの里山もそうであるが、針葉樹林から広葉樹林に変化が急速に進んでいるのは温暖化のせいだろうか。眼前に広がる県境の峰々を眺めながら、次の山へ遍路道を辿って行った。



                       雰囲気の良い林の頂上付近

《コースタイム》 R192 アクセス道入口 5分(車)→中継塔 5分→頂上
          登山道 無  歩行時間 約10分
          駐車地 中継塔前 
          難易度 ★
          爽快度 ★★

ページの最初に戻る