四国山岳紀行 No458-110421 横瀬山(よこせやま) 296.5m △3(横瀬)
                         高知県土佐市塚地 地図 土佐高岡(南西)  山岳紀行トップヘ

                   西側からの横瀬山(左端)右端は大崎展望所

この山は土佐市の南方に位置し、東西に連なる山塊は波介(はげ)山と呼ばれている。各山頂は展望所として公園化されており、素晴らしい眺望が期待できる。麓からのアクセス道は数か所有るが、今回は土佐インターから波介川を渡り、神母谷(いげだに)を遡上して登山の拠点とする大崎展望所に車を進める。


                    WCの有る少し東に展望所の登り口が有る

カーブの多い狭いアクセス道を登り詰めると稜線道の分岐に出る。左へ進むと間もなくトイレと案内板が有りここに駐車した。車道は大崎展望所まで続いているが階段を登って行く。広い展望所からは前周眺望が開け、南側は宇佐湾の奥に太平洋が続く雄大な眺望が展開する。東側は高知市方面の山々が見えている。


                     広い展望所からは眼下に宇佐湾が光る

西側は高山展望所の小高いピークの戸波山が見えており、その山並の奥に虚空蔵山や蟠蛇森が一段と高く聳えている。北側は今登って来た土佐市市街の背となる清滝山から大平山に続く山並みが横たわり、遥か奥には県境の高山が霞む。近くにはこれから向かう横瀬山のピークが手招きしている。


         横瀬山展望所西側登り口                      道沿いにはツツジが満開

大崎展望所での眺望を楽しんで横瀬山に歩を進める。ここからダートの幅広い遊歩道が北へ延びており、軽自動車ぐらいなら何とか通れそうだが、道幅が狭いのと途中に泥濘が有るので歩いてゆく方が無難だろう。道脇の新緑やツツジの花などを楽しみながら20分ほど歩くと横瀬山展望所の登り口に着いた。


                   山頂の横瀬山展望所には三等三角点が有る

丸太の石段を登って行くと間もなく展望所広場に整地された山頂に出た。中ほどに三等三角点が有って、側に木製のベンチとテーブルが設けられており、周りは桜などが植えられている。ここからの眺望は東に高知市方面の山々が仁淀川の奥に見えている程度で、他は周囲の木々が育ち展望は遮られつつある。


         山頂展望所より東方を望む                    山頂展望所より南方を望む

《コースタイム》 土佐インター 15分(車)→大崎展望所 20分→横瀬山 20分→大崎展望所
          歩行時間 約40分 登山道 整備されている
          駐車地 大崎展望所  難易度 ★  爽快度 ★★★   大崎展望所から茶臼山へ
ページの最初に戻る