四国山岳紀行 No451-110226 長野山(ながのやま) 285.1m △3(阿島)
                      愛媛県新居浜市舟木 地図 新居浜(南東)  山岳紀行トップヘ


          遊歩道より山頂を望む                       山頂にマイクロウェーブ

この山は市民の森の上に位置し一帯を長野山という。最高点には四電のマイクロウェーブ反射板が有る。市民の森から遊歩道が山頂近くまで続いていて、容易に山頂に立つことができる。山頂からの展望はすこぶる良く、南には峨蔵、赤石山塊が眼前に迫り、眼下には新居浜市街が一望できる。


          市民の森を詰めて行く                         整備された遊歩道

R11から市民の森への道を詰めると管理舎が有り、そこから先は一般車は進入禁止となっている。駐車場に車を置き、管理車道を奥の登山口まで歩を進めて行く。途中、万葉植物園など広大な敷地にはいろいろな樹木が植えられて、市民の憩いの場として造成を進めているようである。


           広い尾根道を山頂へ                        山頂直下の登り

管理車道を終点まで詰めると、そこから登山道となり、遊歩道が三方に山中に向かって伸びている。中の遊歩道を登って行くと尾根のコルに出る。尾根は切り開かれて多少のアップダウンが有るが、大型車が通れる程の広い快適な尾根道を右に進んで行くと、前方に反射板の有る山頂が見えてきた。


           眼下に新居浜市街                        この奥に三角点が有る

コルから15分程て反射板の立つ山頂に着いた。眺望はすこぶる良く西の眼下に新居浜市街、まだ雪を纏った峨蔵、赤石山塊が眼前に聳えおり、ダイナミックな山岳風景に圧倒される。三角点が有るはずなので付近を散策するがなかなか見つからない。


                       藪の中に三等三角点を確認

反射板の後ろの藪をを掻き分けて探していると、シダに覆われた中に国土地理院の標識と三等三角点が有った。周りを少し整理して判りやすいようにしておいた。下りは頂上直下の遊歩道を下って行く。道沿いにはツバキやサザンカが大きく育ち、ツバキはまだ蕾でサザンカの紅い花がひときわ目を楽しませてくれた。


                     山頂より南方の峨蔵 赤石山系を望む

《コースタイム》 市民の森駐車場 25分→尾根分岐 15分→頂上 30分→市民の森駐車場
          歩行時間 約1時間 10分 登山道 遊歩道として整備されている   
          駐車地 市民の森駐車場  難易度 ★ 爽快度 ★★★★ 
         
ページの最初に戻る