四国山岳紀行 No425-100503 権現山 (ごんげんさん) 177m △無
                           香川県さぬき市大川町 地図 鹿庭(北東)  山岳紀行トップへ


                        
花折山から見た権現山

花折山に登った時、北西側に谷を隔てて良く似た山容の花崗岩の山が目に映った。南北に延びる稜線は木々が無く、すこぶる眺望が良いようなので、帰りに登ってみることにした。横井集落から南西に延びる道を進んで行くと、間もなく山側に小川に架かる橋から石段が有る所がこの山の登山口となっている。


                        
登山口と石段の上の鳥居

少し先の空き地に車を置き、石段を上がって鳥居をくぐると、右側に古い小屋が有り、神社だろうか石柱もある。その側を通って良く踏まれた登山道が上に延びている。林の中の登山道を登って行くと、給水管が真っすぐ尾根肩に有る貯水タンクまで延びている。


          
尾根肩に有る給水施設                         尾根を登って行く

給水管に沿ってややきつい坂を登り詰めて行くと、給水タンクの有る尾根肩に出る。眺望が開けて眼下の集落が手に取るように俯瞰できる。これらの集落に給水している簡易上水道施設だろう。ここから少し平らな尾根歩きの後、再びややきつい登りが頂上まで続く。


           
尾根より南方を望む                        山頂の権現さんの祠

樹木が疎らになった辺りからは山頂の稜線が真上に見えており、間もなく最後の急坂を登り詰めると権現さんの祠が祀られている山頂に着いた。木々の少ない山頂からは眺望は一気に開けて、ぐるり360度の眺望が展開する。


                          
山頂より北方を望む    

北端の岩場に立てば眼下に東讃岐平野が一望できるほどの第一級の展望が広がる。その奥に島のように佇む里山の数々、西から嶽山、白山、日内山、五瀬山、雨滝山、火山、鶴羽山などが点呼出来る。その奥には五剣山が一剣となって聳えている。


           
南峰より北西を望む                         南峰より北峰を望む

北側の眺望を堪能して、南に延びる開けた尾根筋を南端まで、眺望を楽しみながら散策する。南端のピークに立てば眼前に笠ケ峰や檀特山が聳え、谷合の新緑が美しいコントラストを醸し出している。展望のきく山としては第一級の素晴らしい里山であった。


《コースタイム》 登山口 25分→山頂 10分→南峰 10分→山頂 15分→登山口   
          歩行時間 約1時間 
          登山道 良く踏まれている  
          駐車場 登山口に有り  難易度 ★★★
ぺージの最初に戻る