四国山岳紀行 No421-100426 葛ノ山 (くずのやま) 97m △無
                           香川県三豊市三野町 地図 仁尾(南東)  山岳紀行トップへ


                               南方から望む葛ノ山

この山は高瀬町に有る爺神山の北側に位置し、周囲の山々から見て控えめに佇む小さな里山で、頂上直下の前山公園まで車道が通じており、容易に山頂に着くことができる。登山口は西側の県道から山腹の北側を巻くように緩やかに上っており、眼下に広がる三野町の美しい田園風景や山々を眺めながらの登りとなる。


           
車道から北西を望む                        車道から北東を望む

北側は詫間町まで視界が開けて、西から爺神山、山条山、社山、高尾木山、汐木山、北には竜王山、毘沙古山、貴峰山が連なり、その後ろに一段と高く佇む黒戸山、弥谷山、雨霧山の山塊などを点呼の位置に望みながら、桜並木の車道を進んで行くと、終点の貯水タンクと前山公園の有る車道の終点に着く。


           
西側の車道登山口                         登山口から山条山

公園へは車道を詰めて行くと入口にトイレが有り、ここからダート道となって公園の中をテレビ中継施設まで続いている。公園は桜の時期には地元の花見客で賑わったようで、夜桜も楽しめるように簡易照明も施されている。奥にはあずま屋が有って、その上側はNHKとRNCの中継施設が有る。


          
公園の奥に中継施設                       貯水施設の有る車道終点

中継施設の側からややきつくなった登山道を進んで行くと、ワンピッチで神祠の鎮座する頂上に出た。頂上は平らになっていて、その中ほどに神祠が奉られている。周囲は林で展望はない。西に向かって踏み跡が有るが、ブッシュで埋まっているようである。車道から眺望を楽しみながら往路を下って行った。


                       
中継施設の側から数分で山頂


《コースタイム》 登山口 20分→山頂 15分→登山口   
          歩行時間 約35分 公園下までは車で登れる。その場合歩行時間 10分ほど 
          登山道 整備されている  
          駐車場 登山口に有り  難易度 ★
ぺージの最初に戻る