四国山岳紀行 No386-081123 如意山 (にょいさん) 157.8m △3 (公文山)
                   香川県丸亀市/善通寺市/琴平町 地図 善通寺市 北西  山岳紀行トップへ


        北側の買田池に影を落とす如意山              阿讃山脈が霞む西峰からの東望

如意山は丸亀市と善通寺市と琴平町の三境界にあり、西側の高い大麻山の山頂から見ると、平野の中にある低い丘陵にしか見えない。近づいて見ると堂々とした里山である。如意とは「思うままになること」。仏教用語であるが、誰もが望む素晴らしい言葉であろうか。


                       登山道は神社の階段から始まる

登山口は南麓にある下櫛梨地区の櫛梨神社境内から登って行くようになる。神社の石段を登りつめて、山門をくぐると神殿のある境内に着く。登山口は神殿の左奥にあり、「如意山遊歩道」を示す案内板がある。車はここまで入れるようになっているが、普段は入り口で車止されており、石段下の道脇に停めたほうが良いだろう。


                     ゆったりとした整備された道が続いている

遊歩道は途中段差のある坂には階段が設けられているが、なだらかな整備された道が西側の127m峰の頂上広場まで続いている。境内からは遊歩道は西へ竹林の脇を通り、そこを過ぎると南に視界が開けて、近くに象頭山、青山連山を借景とした琴平町と満濃町の街並み、奥に阿讃山脈が見えている。


         尾根肩から西側の眺望                        落ち葉を踏みしめて

ここから道は東に折り返して再び西に折り返して行き、北に折れて階段を登りつめると、西側が開けた尾根肩に出る。ここからは善通寺市街の奥に、我拝師山から雨霧山にかけての山並みが素晴らしい。道は再び東に折り返して進み、長い急なロープの掛けられた階段を登りつめると、整備された西峰147m峰の頂上広場に着く。


            西峰頂上にて                           西峰からの東望

東西に長い遊歩道の脇には若い桜が植えられていて、美しく紅葉している。広場の中ほどにはあずま屋が有り、ここからは南に青山連山の奥に阿讃山脈、近くには象頭山が手に取るように見えており、北に目を移せば丸亀市外の奥に、瀬戸大橋や備讃瀬戸の島々が長閑な眺望をかもし出していた。


                   山頂からの北望 丸亀市街の向こうに瀬戸大橋

《コースタイム》 善通寺インター 15分(車)4.5km→登山口
          登山口 35分→頂上 25分→登山口
           
          歩行時間 約1 時間  登り 35 分 下り 25分
          登山道 良く整備されている 西峰から東峰三角点までは薮がらみの踏跡程度
          難易度 ★★★
 
ぺージの最初に戻る