四国山岳紀行 339-060305 半平山(はんだいらやま) 1016m △3(半平)
                            徳島県美馬市  地図 阿波川井(北西)  山岳紀行トップヘ


                        岩壁をめぐらした半平山

吉野川の支流穴吹川を辿ると、南から東に大きく向きを変える所に半平山がある。山名は麓にある半平の地名から来たものと思われる。この山は東に奥野々山、西に友内山、南に正善山や八面山などの山々に囲まれていて、近くに行かなければこの山の全貌が見られない。山の南面には大岩壁をめぐらしており。見るからに険しそうな山である。


                     赤い橋の手前からアクセス道に入る

この山のアクセスは穴吹から国道492を17キロあまり、穴吹川に沿って南下し、穴吹川を右岸に渡る第一高橋を渡り、すぐにまた左岸に戻る赤い第二高橋手前からアクセス道に入って行く。木造校舎の半平小学校の下を通り、道は高度を上げながら大きく迂回していく。前方には岩壁のめぐらした半平山が頭上に迫ってくる。


        懐かしい佇まいの半平小学校                  アクセス道から見上げる半平嶽

土井久保地区を過ぎて案内板のある分岐を右に取り、つづら折れを三回ほど繰り返して四度目の廃屋のあるカーブの所が登山口となっている。カーブのすぐ先は道幅が広いので数台駐車できる。ここから道は更に折り返しながら、最終民家の所で道は終わっている。ここから西回りのコースが有るようだが確認はしていない。


                       廃屋の上の登山口から植林帯へ

廃屋の上の登山口には標識があり、そこから登山道に入って行く。ここはもう標高500mを越えている。登山道は植林の中を東に向かってだらだらと進んで行く。林床には赤い実をつけたアオキが多い。小沢を数箇所跨ぎながら尾根肩に出た。ここには標識が有り更に高度を上げていく。植林帯からコナラの林に変わると、つづら折れに高度を稼いでいく。


          林床にはアオキが多い                        岩の上に生る生命力

南側には樹木の間からは、正善山から八面山にかけての山並が手に取るように見えている。涸れ沢を渡ると再び植林帯となって、残雪の多い水平道を進んで行くと崩壊した沢に出る。ここから更に高度を上げていく分、南側の眺望が大きく開けてきた。正善山の向こうに剣山塊が白銀を抱いて聳えている。どんどん高度が上がって755mとのコルに出た。


          南に正善山などの山並                        植林帯の急登が続く

ここからは方向を西に変えて残雪の多い植林帯の中を登っていくと、取首大師堂に着いた。お堂の中は荒れていて床に古い食器などが散乱しており、ご神体は移されたらしく無くなっていた。お堂の前には八十番国分寺と刻まれた地藏さんが鎮座しており、側にはイチョウの大木が天高く枝を伸ばして歴史が偲ばれる。


                         取首大師堂と地藏さん

お堂の横からは更に植林帯の中の急登が暫らく続く。緩んだ残雪に足を取られながらの登りは、滑らないよう余計に神経を使う。先行者の足跡が見だせるが、昨日のものか、木の上からの落雪に消されてはっきりしない。植林帯を登りつめると自然林の緩い尾根歩きとなるが、長くは続かず細い尾根の急登となり、小さなコブを越えていく。


          稜線から見える剣山塊                       頂上直下の稜線歩き               

コブからは右に頂上かと思われるピークがあるが、少し先に見えているピークが頂上らしい。ふかふかした積雪の中を倒木などを避けながら、少し進むと標識と三角点のある頂上に着いた。頂上はあまり広くないが、周囲の木々は落葉しているので、木々の間から山座同定ができる。北側は少し開けていて吉野川と街並みが見えている。


                       頂上から北に吉野川が見える

東側の木立の間に大きく見えているのは奥野々山だろうか。歩いて来た南側は木立が重なり眺望は無い。西側は辛うじて木立の間から八面山や友内山が見だせる程度である。西側に下っている踏跡らしき痕跡があったが、積雪が多いので往路を下ることにした。積雪のある急坂ではスリップしないよう気を引き締めて下って行った。

《コースタイム》 脇町インター 40分(車)→登山口 30分→尾根肩 45分→尾根分岐 10分→
          取首大師堂 40分→小コブ 20分→頂上 40分→取首大師堂 45分→登山口 
          歩行時間 約 3 時間50分  登山道 明確 急登あり  難易度 12B45
         
ページの最初に戻る