四国山岳紀行 No225-010919 大森山(おおもりやま) 1433m
           愛媛県四国中央市/高知県長岡郡本山町 地図 佐々連尾山(北西)  山岳紀行トップヘ


          東側から見た大森山                        西側から見た大森山

高知県北部の本山町と愛媛県四国中央市との奥まった県境に、一段と盛り上がった山塊がある。大森山1433mと佐々連尾山1404mである。この山の中腹の愛媛県側に佐々連鉱山があったが、昭和54年に閉鎖されて以来、山に訪れる人もなく忘れられていた存在だったが、最近、頂上付近の笹原と静かな山歩きが楽しめることから、クローズアップされてきた。


                       林道を詰めて猿田峠へ向かう

この山の登山口は、東側の中川峠からと、西側の猿田峠からがあるが、今回は西側の猿田峠から稜線をつめることにした。登山口は県境の白髪トンネル南口から始まる。車の通れない荒れた林道を、数百メートルほど行くと左側によく踏まれた、猿田峠への旧官道が植林の中を登っており、小1時間ほどで送電鉄塔の建つ猿田峠に出る。


                        猿田峠から稜線に取り付く

ここまでは鉄塔巡視路のためよく整備されている。ここから東へ稜線のしっかりした踏跡を茂みの中へ分け入って行く。スズ竹の中を潜り抜けるとブナなどが茂る岩の混じる急坂の稜線を高度を上げて行くようになる。途中に大岩を捲く急勾配がいくつかあり、岩角や木の根っこを掴んだりしながら、大岩の上に立つと視界が開けて、南から西にかけての雄大な眺望が展開する。


                        岩場からの眺望は雄大

赤石山系のダイナミックな山並から、西に続く石鎚山系、手前には今登って来た猿田峠を隔てて、玉取山、兵庫山、登岐山へと続き、そして南側には奥工石山、白髪山が近くに、高知県の山並が幾重にも重なる。足元は深く落ち込んでスリルのある高度感が味わえる。そして東にはこれから目指す大森山が頭上に迫る。


         岩間に咲くアサマリンドウ                     急登の後広い台地に出る

岩場の多い急坂を登りつめて稜線に出ると、ダケカンバの多い笹原の中を行くようになる。ところどころに朽ちかけた倒木が見うけられる。この辺りは広い尾根なので、しっかりルートハントして進まなければ迷い易い所だ。一段と盛り上がった稜線を登りつめると、大森山の山頂である。山頂は狭く眺望はない。


                      大森山から佐々連尾山に向かう

ここからのルートは二つに分かれて西へ下れば、別の稜線をたどって猿田峠や登山口に下ることができるが、道は荒れていてあまりおすすめできない。佐々連尾山へは南側の踏跡を下って東の稜線をたどって行く。笹原が切れシャクナゲの群生する尾根を下り、佐々連尾山の前山のコルへ下って行く。


                    前山を越えて広い笹原の奥に佐々連尾山                        

コルは笹が深く歩きづらい所があるが、ロープをつたって痩せ尾根に取りつくと前方に佐々連尾山が近ずいてくる。尾根を下ると一面に広い笹原が広がって、その向こうに佐々連尾山が手招きしている。笹に埋もれた踏跡を泳ぐように登りつめると、ぽっかり樹林に囲まれた佐々連尾山の頂上に着く。


                        狭い頂上には三等三角点

樹林に囲まれた狭い頂上には2等三角点があり眺望はない。北側には東の中川峠への踏跡が下っている。しばらく休憩して今来たルートを引き返す。正面には先ほど越えて来た大森山が大きく聳えている。この猿田峠からのルートは藪こぎや急坂があって、かなりハードであったがそれだけにあまり登られていない静かな山の旅であった。


                      佐々連尾山への稜線からの南望

大森山へもうひとつ別のコースを紹介しょう。白髪隋道南口の登山口の荒れた林道を終点までつめると、東側に向かう細い道がある。小さな沢にでる手前で道は怪しくなるが、そのまま沢をまたいで対岸に踏み跡を見つけて、道はじぐざぐに支尾根の稜線に登りつめる。

支尾根に出て北へ踏み跡を行くと眼前に大岩が立ちはだかる。大岩の西側に朽ちかけたロープが張られているが、あてにしないほうがよい。大岩を捲いて再び支尾根を登りつめると、大森山から端生する峠のような尾根に出る。あとはこの尾根を登りつめると大森山の頂上である。

《コースタイム》 白髪隋道登山口→60分 猿田峠→60分 大森山→50分 佐々連尾山→60分 大森山
          →50分 猿田峠→30分 白髪隋道登山口  歩行時間 5〜6 時間  難易度 1234D
          駐車場 白髪隋道南側広場 5〜6台 歩行時間 5〜6 時間 登山道 難所多し
ページの最初に戻る