四国山岳紀行 No220-010805 丸笹山(まるざさやま) 1712m △3(丸笹山)
                    徳島県三好市/つるぎ町/美馬市 地図 剣山(南東)  山岳紀行トップヘ


                      赤帽子山縦走路から見た丸笹山

丸笹山と赤帽子山は剣山の前衛の山として、塔ノ丸と共に長い峰を東西に横たえている。丸笹山は、つるぎ町、三好市、美馬市の境に位置し、また赤帽子山はつるぎ町、美馬市の境にある。両山の笹に覆われたなだらかな山頂からは360 度の眺望が展開する。両山の登山口は夫婦池の案内板の側からで、国民宿舎剣山荘と県民の森資料館の前から登山が始る。


                        夫婦池奥に登山口がある

登山道は自然林の中のミズナラ、カエデ、ウラジロモミなどの茂る中をなだらかに登って行く。登山道脇には天然桧などの大木などがあって、自然を観察しながらの快適な登りが続く。


                     ウラジロモミの中にヒノキの大木もある

木立の下にはこの時節、リョウブ、ノリウツギなどの白い花、足元にはツリガネニンジンの青い花、シコクフウロのピンクの花、タカネオトギリの黄色い花などが咲いて目を癒してくれる。大型のコオニユリのオレンジ色の花が特に目を引く。


                       リョウブの花とノリウツギの花


                     道脇に咲くツリガネニンジンとコオニユリ

そんな笹原の間に咲く季節の草花を見ながらの快適な登りが続く。樹林帯を抜けて高度が上がり、振り返ると西に塔ノ丸、その奥に三嶺が聳える。


                         山頂からの眺望は雄大

視界が開けると道は分岐するがどちらを行っても頂上に辿り着くが時間的には大差ない。なだらかな笹原を登りつめると、登山口から小一時間で丸笹山の頂上に着く。頂上には三等三角点があり360 度の眺望が展開する。


                       左から剣山 次郎笈 三嶺 塔ノ丸

西に塔ノ丸、その左奥に三嶺、そして東熊山、カヤハゲ、その奥に白髪山が頭を覗かしている。その手前東には高ノ瀬から丸石山にかけての山並、南には次郎笈と剣山、一の森が至近距離に雄大に聳える。その左肩の奥には天神丸、南東奥には高城山、高丸山、雲早山が存在感を見せており、東にはこれから向かう赤帽子山が手招きしている。


                       丸笹山から赤帽子山に向かう

丸笹山を下って北側のコルへと向かう。ウラジロモミの林を抜けると赤帽子山への分岐点であるコルに着く。コルからは道標に従って東にコースをとり、丸笹山を後に赤帽子山へのなだらかな稜線歩きとなる。間もなく小さな岩と赤松などが在している広い自然の庭園のような場所を過ぎて、ここから三つほどピークをアップダウンしながら赤帽子山へと歩を進めて行く。


                      ホツツジと縦走路からの赤帽子山

1619m のピークからは急降下となるが長くは続かない。二つめの小ピークに登り返して再び急降下し、コルの湿地帯を過ぎて右へ下るエスプルートを見送り、次の1619m のピークを登って行く。このピークの稜線付近は樹林が深く、足元にススタケがからむが、樹林の茂るピークを過ぎて前方に視界が開けると、目指す赤帽子山のピークが眼前に現れる。


                       縦走路を赤帽子山へと向かう

丸笹山と今歩いてきた稜線の峰々を背景に、最後の急坂を登りつめれば広々とした赤帽子山の尾根に出る。眼前には赤帽子山の頂上がだんだんと近ずいて来る。ススキと笹原の中をだらだらと登り詰めるとなだらかな頂上に着く。頂上標識と三角点は長い峰の東端にあって頂上尾根に出てからは意外と遠い。頂上からは丸笹山と同様に遮るものが無くぐるり眺望が開ける。


                       山頂からの眺望は雄大である

南側には剣山のダイナミックな山塊、しかし東側の大崩壊した山肌が痛々しい。続く天神丸そして高城山、更に遠く東に高丸山から雲早山にかけての山塊が霞み、木屋平から神山町にかけての谷間が続く。北側には八面山から友内山、その向こうに吉野川を隔てて讃岐山脈が霞む。そして西側には矢筈山を主峰とする祖谷山塊、そして峰続きの丸笹山から塔ノ丸に続く山並。


                 正面に丸笹山右奥に祖谷山塊を見ながら下山していく

暫らく頂上からの雄大な眺望を楽しもう。何処までも続く雄大な眺望を楽しんで、赤帽子山の長い尾根を下り丸笹山のコルまで戻って行った。コルからは右に少し下れば、丸笹山の北面をトラバース道が西に延びており、原生林の中を下って行くと登山口の県民の森資料館の前に着く。

《コースタイム》 夫婦池登山口 50分→丸笹山頂上 20分→コル 15分→1619m ピーク 20分→
          湿地コル 20分→1619m 稜線 20分→赤帽子山 1時間20分→丸笹山コル 40分→
          夫婦池登山口 歩行時間 約4時間40分 登山道 良い 難易度 12B45
          駐車場 登山口に有り
ページの最初に戻る