四国山岳紀行 No204-010407 紫雲出山(しうでやま) 352m △2(紫雲出山)
                         香川県三豊市詫間町 地図 紫雲出山(北東)  山岳紀行トップヘ


           島のような紫雲出山                       横峰山より紫雲出山

紫雲出山は香川県の西部、荘内半島の先端近くにあって、詫間町のシンボル的な山である。その位置からして周囲にさえぎるものが無く、瀬戸の島々が眼下に浮かび、中国山地までが見渡せる一級の展望台である。周囲の半島一帯は浦島伝説にちなむ地名が多く残っており、この山の山名も、浦島太郎が開けた玉手箱から出た煙がたなびいて、この山にかかったと言う伝説からきている。


          四国の道の大浜登山口                       途中にある栽培花畑

この山の登山口は南北にあるが、今回は南側の大浜バス停近くにある、荘内自然休養村センター前から、集落を抜けると登山口がある。この道は四国の道になっており、随所に道しるべがあるので解りやすい。しばらく農道を行くがこの季節、マーガレット、ストック、金盞花などの花卉栽培がされて周囲に彩を添える。まもなく椿のトンネルが迎えてくれる。


                          椿のトンネルを行く

登山口から軽四輪車が通れるほどの農道を500mほど歩くと、竹林の所から道は細くなり、登山道に変わる。竹林の中には放棄したビニルハウスの鉄骨の残骸が残っており、このあたりまで昔は営農されていたのだろう。そのあと竹林に変わってしまったようだ。どこへ行ってもそうだが、後継者がいなくなった荒れ果てた農地を見ると、一抹の寂しさを感じる。


          道脇の自然のお花畑                        いよいよ山道に入る

さて竹林を過ぎて空池の土手を通って谷をまたぐと、登山道は急になるが、道端に咲く季節の草花に注目しょう。この時節に運が良ければ、白い花を一面につけるマルバコンロソウ、それに混じって鮮やかな紫のシハイスミレ、黄色のセイヨウタンポポなどが一面にお花畑を作り、目を楽しませてくれるので、ゆっくり自然を観察しながら登って行こう。


           丸太の階段が続く                          車道に飛び出す

道は大きくカーブして最後の階段にさしかかる。登山口からここまで1.3キロ、山頂までの中間地点だ。長い階段の急登にそなえて、ここで休憩していくとよい。階段を登りきるとぽっかり車道にとびだす。四国の道の道標とベンチが置かれている。ここからは車道歩きとなり、車道は右にカーブすると終点の駐車場は近くなり、頂上直下の駐車場に着く。隅に近代的なトイレが建っている。


          山頂下の駐車場に着く                       ここから遊歩道を行く

駐車場の上の展望所に立つと、眼下に粟島などの塩飽諸島が浮かび、その向こうに瀬戸大橋が、詫間湾の向こうには端正な形をした讃岐富士の飯野山が、目を転じると大麻山、我拝師山などの山群がダイナミックに並んでいる。素晴らしい眺望だ。展望所西側の公園には今は盛りと、桜と椿の花が咲き競う。特に椿は園芸種が多く植えられていて、色とりどりの花が美しい。


          桜並木が続く頂上台地                      駐車場から山頂を望む

駐車場からは車止めの車道を歩いて頂上をめざす。広い頂上の台地に出ると桜が満開で目を楽しませてくれる。北端に建けられた展望台の手前には三角点の標識がある。展望台に立つと眺望がいっきに開け、眼下に三崎半島が続き、瀬戸内海の多島美が広がる。しばらくのどかな美しい眺望を楽しもう。


           復元された古代遺跡                        山頂の三角点標識

展望台の東側には弥生時代の集落遺跡があり、古代の住居と原人の生活模様が復元されている。頂上での眺望を楽しみ、来たコースを下山していく。紫雲出山の頂上一帯は、屋島や五色台と同じメサ型溶岩台地を形成しており、山頂から弥生時代の高地性集落跡が発見され、古来より瀬戸内海の要塞であった。


          山頂から西側の眺望                        展望台から三崎半島

またこの山を中心とした荘内半島は、浦島伝説にちなむ地名や遺跡が色濃く残る、ロマンと伝説と眺望の山である。

《コースタイム》 大浜登山口→50分 車道→20分 駐車場→10分 山頂→60分 大浜登山口
          歩行時間 2時間20分 登山道 整備されている 難易度 1A345
          駐車場 自然休養村センター 5台     関連ページ 箱峠から登る 紫雲出山の桜 
ページの最初に戻る