四国山岳紀行 No200-000605 土佐矢筈山(とさやはずやま) 1607m △3(矢筈山)
                 高知県香美市/徳島県三好市 地図 久保沼井(北西)  山岳紀行トップヘ  



          登山口から見た矢筈山                       笹山から見た矢筈山

土佐矢筈山1607m は小檜曽山の東方、緩やかな稜線を2キロほど隔てた所にあって、西の小檜曽山からのハイキングコースとして脚光を浴びている。今回は国道 439号線県境にある京柱峠から登ることにした。峠から林道を少し入った所に標識があり、ここから登山道へと分け入って行く。


          広い切りひらけを行く                   京柱峠矢筈山登山口

暫らく小権木の中を行くようになり、切り開けを過ぎて植林と自然林の中を登って行くようになる。道はしだいにきつくなるが周囲の新緑が瑞々しく、西には木の間越しに梶ヶ森などが眼に飛び込んで来る。急坂を登り詰めると道は二つに分かれるが、案内板に従い右側の原生林経由の道に入って行く。


          樹間から西に脊梁山地                 最初は樹林帯の急登が続く

モミやブナの大木の間を縫って清々しい原生林の中を行く。林の中に遅咲きのミツバツツジが新緑の中に彩を添える。苔むした倒木、そしてその上に芽生えた小さな木、森の中の新陳代謝が所々に垣間見られる。原生林を過ぎると稜線に出て稜線道と合流する。


          静かな原生林を行く                    倒状したブナの大木

分岐からここまでの稜線道はあまり踏まれてなく荒れているようである。小さなピークの岩場の下には祠が祀ってあり、ここから少し下りとなり、モミの木の林立するモミ千本の林の中を通って行く。見事なモミの林に感心しながら、ミツバツツジの多い尾根を登り詰めると視界が一気に開ける。


                   林間に彩を添えるミツバツツジとシャクナゲの花

ミヤマクマザサとコメツツジの広がる、森林限界の台地に出ると矢筈山への分岐点は近い。分岐点には矢筈山への標識があり、稜線の向こうの矢筈山が眼に飛び込んで来る。とりあえず南西側の三角点のある1525m の笹山のピークに向かう。


          1525mの笹山に向かう                        笹山の二等三角点

ピークには小檜曽山と記された標識と二等三角点があるが、ここは笹山と呼ばれ正式な名前は無い。ここからの眺望も良く西には梶ヶ森、東には矢筈山が大きく迫る。足元には季節の花が咲いて心和む場所である。分岐点まで引き返して1550m の小檜曽山へと向かう。分岐点から東に矢筈山への縦走路を少し行くと、1550m の小檜曽山の標識の立つ笹原に囲まれたピークに着く。ここからは西から南側、東にかけての眺望が開ける。


          分岐に戻って矢筈山へ                      小檜曽山のピーク

小檜曽山のピークを後に矢筈山へと向かう。快適な笹原の続く稜線の水平道を1541m のピークを目指す。1541m のピークからはコメツツジの中を下って行くと、眼前に矢筈山が段々と近ずいて来る。庭園風の快適な稜線のコルを詰めると、権木帯の林の中の緩い登りとなる。権木帯を登り切ると背後に今辿って来た稜線が美しい。


          快適な縦走路を矢筈山へ                 権木帯を登れば矢筈山

小権木とミツバツツジの中を登って行くと視界が開け、眼前に広々とした矢筈山の頂上が姿を現す。広い笹原の中の尾根道を登り詰めると、ミツバツツジやコメツツジに囲まれた1606m の矢筈山の頂上に着く。開けた頂上には三等三角点と山名標識があり、素晴らしい眺望が展開する。


                        矢筈山山頂三等三角点

暫らく山頂からの雄大な展望を楽しもう。西側には今歩いてきた小檜曽山を中心とする笹原の山並。南には手前に高板山、その向こうに奥神賀山、更に遠く鉢ヶ森へと続く。東には天狗塚の右肩に三嶺が頭を覗かし、その奥には剣山と次郎笈が仲良く肩を並べる。


                         山頂から東側の眺望

手前には綱附森が大きく迫り、その左肩に白髪山、右肩に石立山が佇む。北東側には祖谷の盟主阿波矢筈山から黒笠山にかけての山塊、北側には端正な形の中津山が目に留まる。何処までも続く広大な眺望を楽しみながら、往路を下山して行った。

《コースタイム》 大豊インター 1時間(車)→京柱峠登山口 45分→原生林 25分→モミ千本 20分→
          稜線分岐 10分→笹山 15分→小檜曽山 1時間→矢筈山 1時間→笹山分岐
          30分→原生林 35分→登山口 歩行時間 約6時間 難易度 12B45
          駐車場 京柱峠の路肩に 登山道 整備されている
ページの最初に戻る