四国山岳紀行 No184-991201 七々木山(ななぎやま) 1145m △4(七々木)
                           愛媛県四国中央市 地図 東予土居(南東)  山岳紀行トップヘ


                      南側の長瀬付近から見た七々木山

七々木山1145m は愛媛県四国中央市の南に断崖層を成している法皇山脈の一ピークである。西から赤星山1453m、豊受山1250mと徐々に高度を下げながら、鋸山1017m の西にある四番目の富士型のピークである。嶺南の長瀬方面から見ると三角錐の形で聳えている。


                     民家の上の神社の右横から登って行く

この山へのアクセスは伊予三島から翠波高原に向かう国道 319号線に入り、法皇トンネルを抜けて金砂湖に架かる赤い平野橋を渡り別子山方面へ県道6号線を4キロほど進むと富郷橋に着く。橋を渡って 100m ほどで右側の折り返し道を上って七々木地区へ向かう。登山は七々木地区の奥にある平野神社の横から登って行く。

神社入り口の民家のお爺さんにこの山のことを聞いてみた。この山は高山(たかやま)と呼ばれているようで、昔は林業も盛んでこの山を越えて寒川や豊岡へ下っておったが、今は下の道がようなって車で三島の方へ行けるようになって、たまに植林を見に行くくらいで道は消えているかもしれん。神社の奥の薮の所から道はついとるきん。と心細い返事である。


                      薮を掻き分けて植林帯に取り付く

神社の鳥居を潜って右に曲がり、沢の小橋を渡って畑の小道を山側に進んで行くとススキの茂る荒地になる。道は消えて戸惑うが薮の中の踏み跡を見つけながら進んで行くと植林帯に入る。植林帯に入るとはっきりした道が暫らく続いているが、手入れがされていないので段々と道は薄くなって消えている所もあり、跡は感を頼りに稜線目指して進んで行く。


                      人工林の中の踏み跡を直登して行く

幸い植林帯の中は下生えが少ないので見通しが利いて歩きよい。ただ方向を誤ると違う場所へ進んでしまうので、方向修正をしながら慎重に登りつめて行く。高度が上がって来たのか所々に残雪が見られるようになる。途中雑木の絡むところがあって前進を遮られたりしたが、傾斜が緩くなって確かりした道を行くようになる。やはり傾斜がきつい所に付けられた道は、永年管理していないと崩壊して無くなっているようだ。


         手入れのされていない人工林                   稜線の人工林の中を進む

枝打ち管理されない荒れた植林と朽ち果てた管理小屋が、林業の衰退の様を物語っていた。登山口から1 時間ほどで峠らしき稜線に出た。稜線の南側は植林帯で北側は権木帯である。嶺北に下る道は権木帯の中に消えて判らなくなっていた。七々木山へはここから西に向かうのだが、その稜線道も植林帯の中の倒木に寸断されてしまっているようだ。


                    木につかまりながらの頂上直下の急な登り

苔むした倒木を跨ぎながら稜線の植林帯を進んで行くと、植林が切れて所々に赤松の点在する、若い自然林の広々とした場所に出る。踏み跡は落葉で完全に消えて広い尾根のルートハントにとまどるが、できるだけ北側に詰めながら進んで行く。いよいよ七々木山の急な登りにかかる。残雪を踏みしめて木に掴まりながら直登して行くと頂上らしきピークに出る。


                      権木の茂みの中に三角点を確認

少し南に下がった所に小権木に囲まれて四等三角点があった。ここからの展望は良く西から東にかけての眺望が展開する。東側は眼下に金砂湖が、そして幾重にも重なる山並の向こうに祖谷山系や剣山系が遠くに霞む。西側は峰続きの豊受山から赤星山、そしてその向こうに二ッ岳が重なる。


        西に豊受山赤星山二ッ岳と続く                  東に鋸山翠波峰平石山と続く

南側は東光森山から野地峰の長い稜線が続き、黒岩山その左に三角錐の大登岐山、兵庫山、玉取山、肩を張る大森山、佐々連尾山などの脊梁山脈が延々と続く。眼下には新しく水を湛えた法皇湖が光る。暫らく雄大な眺望を楽しもう。足元から東西に波打つ法皇山脈、その真っ只中に立って居るという実感のする展望の七々木山であった。

                      東に金砂湖西に法皇湖が見える

《コースタイム》 三島川之江インター 30分(車)→富郷橋 10分(車)→平野神社 1 時間→稜線 30分→
          七々木山 1 時間→平野神社 歩行時間 約 2 時間30分 難易度 123C5
          駐車場 神社前 登山道 所々崩壊して不明瞭な所が多い
ページの最初に戻る