四国山岳紀行 No167-981218 高尾山(たかおやま) 496m △3(和田)
                            香川県観音寺市 地図 讃岐豊浜(北西)  山岳紀行トップヘ


                       どっしりとした山容の高尾山                        

高尾山496mは香川県三豊平野の西部にどっしりとした山容を横たえている。東のピークは最高点の高尾で、西の三角錐のピークが高鈴木で頂上に雨乞いの竜王社が祀られている。雨の少ないこの地方では溜池やダムが無かったころ天に近いこの山頂で、雨乞いの儀式が行われていた。この山へは大野原町から石積アーチ式ダムの豊稔池の側を通って田野々の集落をめざす。集落の半ばにある旭坂口分岐から北に向かい、煙突のある旭窯の前を過ぎてしばらく行くと地蔵さんのある小さな峠に着く。


                       峠の地蔵さんから林道を詰める

ここから東に林道は延びるが車はここまでで、ここから先は道は荒れているので歩くことになる。この峠は無念堂と呼ばれて昔は豊浜へ下る生活道であったが、今は草が茂り通行できなくなっている。荒れた林道を25分程歩くと丸いコンクリート製の、昔みかんの防除作業をしていた丸い水槽が二つ並んでいる所に着く。林道もここまでで、ここから左側の登山道に入って行く。


         林道終点から登山道に入る                    防火帯を前衛のピークへ

5分程で赤い標識杭のある分岐から右に入って、あとは赤松の稜線の防火帯の尾根を進んで行く。前方に前衛のピークが迫ってくると急斜面の登りにかかる。どんどん高度が上がって振り返ると西側に県境の金見山や大谷山が大きくそびえている。ススキの茂る防火帯を真っ直ぐ登って行けば、前衛のピークを経由してのコースとなるが、遠回りになるので左側の捲き道に入って行く。


       辿ってきた防火帯と金見山が後に                  高鈴木への急な防火帯の登り      

樹木のトンネルの捲き道を出た所でピークからのコースと合流する。前衛のピークを背にして防火帯を進んでいくと、前方に高鈴木のピークが迫ってくる。少し下ってコルに出ると分岐があって防火帯は高鈴木へ真っ直ぐに直登しており、ススキを掻き分けながら高鈴木の頂上に向かう。夏場の草いきれのする季節であればかなりの藪こぎとなろう。


         高鈴木頂上の竜王社の祠                    高鈴木直下の防火帯の登り

膝の痛くなるような急坂を登りつめると、竜王社の祠のある高鈴木の頂上に着く。祠は寛政6年と記されており江戸時代に奉納されたものらしい。ここから南側の眺望は素晴らしく、手前に金見山や高丸が、その向こうに法皇山脈、そして遠くに脊梁の山並が霞む。南東方面には阿波の国見山や中津山が頭を覗かせている。


                   高鈴木から更に高尾山へ防火帯の中を進む

高鈴木から東に防火帯を高尾山頂上に向けて歩を進める。ススキの茂った歩きづらい防火帯を詰めて行くと15分程で高尾山496mの頂上に着く。頂上には三等三角点があり周囲は林で見通しがききにくいが、木立の間から東側に雲辺寺山が大きく肩を広げ、その左奥には中蓮寺峰や若狭峰が続く。南西側には木の間越しに金見山が存在感を見せている。


                         高尾山頂上の三角点

期待していた高尾山からの眺望は今ひとつであったが、高鈴木からの眺望は素晴らしく頂上で少し休憩して、途中からの眺望を楽しみながら防火帯を下って行った。この山の南側には全国で唯一つの珍しい石積アーチ式ダムがあり、昭和5年に完成している。その姿は西洋のお城のような形をしており、有形文化財に指定されている。


                  頂上から東に雲辺寺山と南に法皇山脈が見える

戦前の昔に大野原あたりの農家では借耕牛(かりこうし)の風習があった。植え付けの早い切山あたりの男衆は、薪炭を牛の背に乗せてこれらの山越えをして、大野原の農家に手伝いにやって来て一カ月の間、牛と共に働き労賃の収穫物をふたたび牛の背に積んで帰ったのである。


        高鈴木直下の防火帯が見える                    南に高丸が見えている

香川、愛媛の県境を越える昔の峠越えの道はいくつかあるが、モータゼーションの発達で今は廃れて歩く人も無い。大谷山、金見山、高尾山に囲まれた田野々盆地や豊稔池周辺、愛媛県側の平家の里切山地区は日曜市などが開かれ、素朴な人々と交流を図りながら、また一日をゆっくりと歩けるハイキングコースでもある。

《コースタイム》 峠(無念堂) 25分→林道終点登山口 5分→防火帯 30分→コル 5分→高鈴木竜王社
          15分→高尾山頂上 歩行時間 約2時間10分 難易度 12B45
          駐車場 無し 峠に1〜2台  登山道 荒れている
ページの最初に戻る