四国山岳紀行 No148-980608 塩塚峰(しおづかみね) 1043m △2(塩塚) 
                愛媛県四国中央市/徳島県三好市 地図 伊予新宮(南西)  山岳紀行トップヘ


                      緑の草原が広がる初夏の塩塚峰

愛媛県東端に位置する塩塚峰は標高1,043mの塩塚峰を中心に広がる約100ha のなだらかな平原で、四国山地の山並みや瀬戸内の島々が一望できるほか、ハイキングコースとしても人気が高く、特に銀穂が波打つ秋の一面のススキ原は見事である。平成元年にはパラグライダーのランチャー台が整備され、スカイスポーツのメッカとしても人気を集めている。


                         よくめだつヤマアザミ

今は、愛媛、徳島両県からほぼ頂上まで車道が延びて誰もが気軽に登れる山である。一昔前まではスキ−場として、そして現在はハンググライダ−の基地として、8合目には快適なバンガロ−やキャンプ場も整備されてレクレーションの山となっている。


                        スイカズラとベニウツギ

山頂に来て目を見張るのは、周囲に遮るものが無い独立峰であるために360 度の眺望と、そのまろやかな山上すべてが広大な草原で、その間に自生する季節の草花も豊富で、これらを観察しながらのんびりと歩くのも良いだろう。というわけで今回はこの季節に咲く草花の観察に登った。



                         ヤマツツジとヤマアザミ

新宮インターを下り左折して間もなくリゾート施設の【霧の森】がある。道路側には広い駐車場があって日曜市が開かれている。そこを過ぎて間もなく三叉路があり、左に折れて新瀬川方面に進んで行く。橋を渡って谷沿いに1キロ余り行くと右側に川を隔てて「少年自然の家」がある。その前にある宝乗寺境内の天然記念物の「お葉付イチョウ」の木があるので見学して行くとよい。



            ウツギの群落                           植えられたアジサイ

再び車道に戻って更に山里の民家の佇む道を2キロ余り行くと、村営バス停のある秋田という最奥の集落に着く。ここは塩塚峰の南側の登山口となっている。ここから車道は折り返しながら山腹を上がって行くようになる。植林や自然林の交叉する中を6キロほど進んで行くと、最初の分岐に着くが本道を詰めて行くと再び分岐に出る。


         ヤマアザミとキンケイギク                         ヤマアジサイ

右に下れば尾又を経て小歩危峡へ、塩塚峰へは左に進んで行く。間もなく眼前に開けた草原の塩塚峰が見えて来る。舗装された分岐を上がって行くと展望所下の駐車場に着く。きれいなトイレもある。ここから20分ほどで頂上に行けるが、先ずは展望所で開けたパノラマを満悦しょう。


             シロツメグサ                             ヤマツツジ

あずまやの展望所には方位板が設けられ、周囲の山岳同定が確認できる。西にこれより続くススキの中に一筋の登山道が塩塚峰の頂上まで延びている。この峰の一帯に咲く豊富な草花はこの登山道脇で充分観察できる。


                        アカツメグサ(レッドクローバ)

この時節高原一帯は緑々しいススキの原となり、その間にはアザミ、タムラソウ、アカバナツメクサ、などの薄紅紫色の花が目に付く。また小権木ではヤマツツジの朱紅色の花、ウツギの白い花、そしてスイカヅラの薄黄色の花などが彩りを添えている。


            キキョウの仲間                            キンケイギク

ニガナに混じって一株だけキキョウに似ているが、花弁の先が丸みを帯びている紫の花を見つけた。展望台の南側の窪地に植えられたアジサイの青い花と、キンケイギクの黄色い花が今は見頃と咲き誇っている。


          稜線道が延びている                         風に靡くチガヤカヤ

少し登山道から離れてススキの中に入ってみると、オオバギボウシが花を開き始め、オカトラノオが一面に群生して同じ方向に花穂を垂れているのが見られる。高山植物はないが、昔、里野で見られた花々がこの山で息づいている。夏の後半に入ると朱色のコオニユリ、黄色いオミナエシ、白いシラヤマギクなどが観察できる風情豊かな塩塚高原である。

《コースタイム》 新宮インター 1分(車)→霧の森駐車場 5分(車)→少年自然の家 10分(車)→
          秋田 20分(車)→展望所駐車場 20分→頂上 15分→展望所駐車場
          歩行時間 35分 登山道 良い 難易度 @2345
ページの最初に戻る