四国山岳紀行 No143-980418 大麻山(おおさやま) 616m △2(大麻山)
                        香川県善通寺市/三豊市 地図 善通寺(南西)  山岳紀行トップヘ


          城山から見た大麻山                       筆ノ山から見た大麻山

大麻山616mは香川県善通寺市と高瀬町の間に位置し、讃岐中央部の西側に堂々とした南北に長い台状の山で、琴平山とも呼んで南側半分を象頭山と呼び、北側半分を大麻山と呼んでいる。この山は象の頭の形に似ているところから象頭山とも言われている。中腹には 「こんぴらさん」 で有名な金毘羅宮がある。金刀比羅宮は船の神様、海の守護神として古来より崇められてきた。御祭神は「大物主の神」であり、万物を司りすべての幸福幸運の縁を結ぶ神様であるらしい。



                       金毘羅宮本殿の右から奥社へ

今回は金毘羅宮の境内から奥社を経由して登ることにした。758 段の長い石段を登りつめた金毘羅宮の本殿からは更に 583段の静かな石段を上って行く。本宮までは観光地なので人が多いが奥社まで足を伸ばす人は稀で、本宮から先は急に静かになり、清々しい森の中の石段をゆったりと上って行く。途中には常盤神社、白峰神社、菅原神社があるが、朱塗りの白峰神社が印象的である。



           朱塗りの白峰神社                         長い階段の先に奥社

菅原神社を過ぎると休憩所があり、大麻山はここから登山道に入るのだが、左上に続く石段をつめて奥社へ立寄ることにしょう。長い石段を登りつめると奥社の巖魂神社に到着する。神社の左上の崖岩の威徳巖には天狗の面がかけられているのが印象的だ。大麻山へは奥社の石段を少し戻って左手の小道を下って行くと工兵道と呼ばれる平坦な道に出る。


                       奥社前の岩壁に天狗の面

暫らく進むと切り開けがあり、視界が開けた所に道標があって道は二分する。真直ぐ進むと葵の滝広場に着く。葵の滝は屏風巖と呼ばれる崖に懸かる高さ15m ほどの水量の少ない滝で、モミジの木の下にベンチが置かれ、滝音だけが響く静かな空間である。分岐まで引き返して竜王社へ 1.3キロの標識に従って左の登山道を登って行く。


           奥社の下に登山道                       岩壁にかかる葵の滝

視界が開けて眼下に琴平町の街並みが見える。登山道は急勾配の所もあるがこの時節、道脇にはシハイスミレなどが咲き零れる。樹林の坂を登りつめると竜王社のある広場に飛び出す。竜王社は小さな祠が祀られていて、周囲の窪地は小さな池になっており、僅かながら清水が湧き出ているようだ。ここは古代の噴気孔の跡らしく竜王池と呼ばれている。


          龍王池の広場に出る                         山頂へは分岐を左へ

池の右手を登りつめると桜並木の林道に出て、西へ進んで行くと中継塔の建つ大麻山の頂上に着く。頂上は二等三角点があり、西側の広場に出ると眺望は一気に開け、眼下に溜池の多い讃岐平野と街並み、その向こうに瀬戸大橋が光り、讃岐富士の飯野山が印象的である。


           桜並木を通って山頂へ                       山頂にある三角点            

西側には五岳連山の香色山、筆ノ山、我拝師山、中山、火上山が眼前に並び、その向こうに雨霧山、そして塩飽の島々が浮かぶ。西側の中腹には紀元前四世紀の、前方後円型の野田院石積み古墳がある。四国では一番高い所にある古墳として有名である。南側には山頂にお城展望台のある朝日山公園が眼下に見えている。


            大麻山の最高点                        山頂の二等三角点

大麻山頂上から峰続きの琴平山まで 1キロに及ぶ見事な桜並木が続いており、花時は山頂一帯はピンクに彩られ見事である。しかも殆んどが八重桜なので見ごたえがあり、平地の吉野桜から10日ほど遅れて見頃となる。帰りは往路を下ってもよいが、本宮手前から神苑内を散策しながら遊歩道を下れば静かな森の空間が楽しめる。


                        咲き誇る頂上の牡丹桜

《コースタイム》 琴平駅 10分→表参道入り口 30分→本宮 20分→奥社 10分→葵の滝 35分→
          竜王社 10分→頂上 5 分→展望台 15分→竜王社 30分→奥社 15分→本宮
          25分→表参道入り口 10分→琴平駅 歩行時間 約 3 時間30分
          登山道 整備されている  難易度 1A345       関連ページ 大麻山の八重桜
ページの最初に戻る