四国山岳紀行 No124-971008 嶽山(だけやま) 205m △4(嶽山)
                                 香川県三木町 地図 鹿庭(北西)  山岳紀行トップヘ  


          山大寺池に映る嶽山                        南峰にある山名標識

嶽山(205m)は高松市の東部三木町にあり、標高は低いが独立峰の岩山で北側に山がないので、高松市方面や讃岐平野が一望できる。この山へは県道長尾線を三木町の中井戸交差点から、南へ町道を 4キロ行くと嶽山に突き当たる。嶽山の手前から町道を右に折れて香川用水の側を通り、平野池の前から山手へ細い道を 500m ほどつめると駐車スペースのある登山口に着く。


          登山口の駐車場は広い                     駐車場から右手の山道へ

登山口からすぐ右手の山道に入って行くと、右側に祠があって竜王神社が祀られている。林の中の登山道を少し登ると松ノ木の点在する尾根に取り付く。眼下に視界が開けて高松方面が目に飛び込んでくる。この時期、ヤマハギの花が至る所に咲いていて彩を添えている。


        この季節萩が多く咲いている                    ちょっとした岩場を登って行く

尾根に取り付いて間もなく一寸した岩場にかかるが大した事はない。岩やロープを伝って慎重に登ればよい。右側の林の中に巻き道があるが判りにくい。裏の里山に登る感じで、立派な石の鳥居を潜ると山頂である。少し小高い所に祠が祀られていて、側に四等三角点があり、周囲は開けているのですこぶる見晴らしが良い。


        頂上直下には鳥居が立っている                   北峰の頂上に四等三角点

振り返れば三木町のもう一つのシンボル、東讃岐富士と呼ばれている白山が真正面に。東にはさぬき市の平野から点在する街並み、右手に女体山から矢筈山にかけての大きな山塊、手前眼下には山大寺池が青く水を湛えており、この池に影を落とす嶽山の姿が美しいと言われている。南奥には高仙山が特微のあるなだらかな山容で聳えている。


                        西から北にかけての眺望

西側は綾歌方面まで見通せ、讃岐平野の中に島々のように点在する、特微のある形をした山々が浮かぶ。峰続きの南峰にも龍王神社が祀られ、こちらの方が立派である。ここからの眺望も抜群である。南側は讃岐山脈が連なり、正面には女体山が特微のある山塊で横たわる。暫らく山頂からの広大なパノラマを楽しもう。


           南峰より北峰を望む                        北峰より南峰を望む

眼下の山間には高松カントリーゴルフ場、その向こうに公渕公園、城山、二子山などの丸い山々、右に目を移すと上佐山、実相寺山、日山などの山々が讃岐平野の中に島のように浮かんでいる。更に遠く五色台や讃岐富士の飯野山、綾歌町南部の大高見峰や高鉢山までもが見えている。


                      東側の眼下に山大寺池と運動公園

北側は五剣山が頭を覗かせ、屋島や高松市街、その向こうに備讃瀬戸が島々を浮かべて光る。この山はロッククライミングのゲレンデがあり、裏山のように手軽に登れる眺望抜群の嶽山は、東讃岐平野の展望台というに相応しい山である。

《コースタイム》 登山口 5分→尾根 15分→北峰 5分→南峰 5分→北峰 15分→登山口
          登山道 よく踏まれている 歩行時間 約45分 難易度 1A345
          駐車場 登山口
ページの最初に戻る