四国山岳紀行 No072-950509 杖ケ森(つえがもり) 1019m △無
                                高知県本山町 地図 田井(北東)  山岳紀行トップヘ

国道32号線から穴内本山線を穴内川に沿って走ると赤荒峠に出る。杖ヶ森(1019m) は本山町と南国市の境に位置する国見山の北側にある。この山は国見山に登った時に立ち寄ってみた。付近は江戸時代の参勤交代路でもあった。旧官道「北山越え」の道はこの山の東側を巻いて本山町吉延に通じている。道筋に当たる吉延地区には、山内の殿様が山越えする際、国見山の山頂に駕篭を止めて、「これがわが土佐の国か」と見下ろしたので、国見山の名前が付いたという言い伝えがある。



        陣ヶ森から見た杖が森(左ピーク)                 登山口の赤荒峠からの眺望

登山口は峠の道路の東脇にあるが、フェンスの間から石垣を乗り越えてガレ場を上がると登山道に出る。登山口の峠のフェンスには国見山2.5Kの標識がある。リョウブやヤブツバキ、シキミなどにまじってミツバツツジの咲く中を暫らく行くと、展望の開けた岩場に立つことができる。ここからは国見山の山頂がどっしりとして見えている。


                         峠の登山口の標識

案外緩い道の両側にはシキミが多く、赤い花をつけているヤブツバキの花が新緑に彩を添える。林床には、ヤブレガサ、アオイスミレ、ヤマオモト、ツルシキミなどが群落を作り目を楽しませてくれる。尾根筋の平坦な登山道は権木帯の中を緩やかに登っており、落ち葉の踏みしめる音と、小鳥の鳴き声だけが響く。権木帯を抜けて少し下ると未完成の林道に出る。眼前に国見山の山頂が迫って来る。


         緩やかな自然林の中を行く                     林床に生えるヤマオモト

周囲はミツバツツジが山肌をピンクに染め目を楽しませてくれる。再び林道から登山道に取り付いて進んで行くと、道は左右に別れて杖ヶ森800m 国見山550mの道標がある。帰りに杖ヶ森へ寄ることにして、国見山へは右に進んで行くと再び林道に出る。林道を少し進んで行くと再び登山道に取り付いて、後は頂上まで林の中の緩い登りとなる。新緑の中に映えるミツバツツジが美しく、アセビの花も見受けられる。


                         ツルシキミとヤブツバキ

国見山の頂上に着くと周囲は刈り込まれて広くなっており、二等三角点と山名標識が立っている。周囲は林で見通しが利かないが、南側に林の間から眺望が開け、眼下に高知市方面が見えている。頂上の手前に岩場があり、ここからも眼下に高知市方面が眺望できる。側には大きなアセビが枝一杯に花をつけて、スズランのような可憐な花が風に揺れ、ほのかな香りが漂う。休憩するには眺望の優れた良い場所だ。


                   賑やかに咲くトサノミツバツツジとアセビの花

岩の上に腰を下ろし暫らく休憩して下山に移る。時間があるので分岐点から杖ヶ森へ足を運んでみる事にした。東にコースを取り植林の中を下って行くと、細いコルに出て杖ヶ森の南側を巻くように進んで行くと、杖ヶ森の登山口に着く。南側から上がってきた林道の終点らしく一寸した広場になっており、ここからは先ほど登って来た国見山の頂が谷を隔てて見えている。


                       樹林の中を登れば杖ヶ森頂上

登り口には石仏があり、林の中を直登して行くと樹木に囲まれた杖ヶ森の頂上に着く。周囲は樹林に囲まれて全く見通しが利かない。祠が祀ってあったのだろうか、今は土台だけの石積みが残っていた。側には杉の木か一本だけ周囲の林に混じって生えているのが印象的だった。


                        山頂の塚の石積みと標識

訪れる人も少ないのだろうか、杖ヶ森頂上1019m と記された古い標識があるのみで、欝蒼とした寂しい山頂であった。昔は眺望の良い信仰の山だったのだろうか。山も手入れされなければ雑木が生えて林となる。すっかり自然に帰った山頂に取り残された石積みが、この山の歴史を物語っているようだった。


                    陰地に生えるホウチャクソウとヤブレガサ

土佐の嶺北と嶺南を結ぶ山々の登山道は、昔の人々の生活の往還でもあった。何日もかかって山越えした人々の苦労は、現代の私達にとっては遠い昔の語り草になろうとしている。知っているのは幾霜年月を生きて来た道端の草木かもしれない。

《コースタイム》 峠登山口 30分→展望岩 1 時間→分岐 30分→国見山 20分→分岐 25分→杖ヶ森
          30分→分岐 50分→展望岩 20分→峠登山口 登山道 整備されている
          駐車場 無 峠の路肩に 歩行時間 約 4 時間20分 難易度 12B45
ページの最初に戻る