四国山岳紀行 No046-940513 横倉山(よこぐらやま) 793m △3(金峰山)
                                高知県越知町 地図 大崎(南東)  山岳紀行トップヘ


                      横倉山最高点の馬鹿試しの断崖

横倉山(793m)は高知県越知町にあり、安徳天皇の御陵参考地がある。林道を行くと展望所とコスモス公園がある。道沿いにはウツギやハギが植えられており、花の時期には楽しめる。林道をつめると終点の第三駐車場に着く。鳥居を潜り整備された遊歩道を400mほど進むと、杉の巨木に囲まれた「杉原神社」に着く。


         第三駐車場からの登山口                       杉原神社近くの大杉

神社近くの林床には赤い実をつけたアオキが多く、珍しい植物も見受けられる。神社の近くには全国名水百選の一つである「安徳水」がある。説明版によると「安徳水は、文治元年(1185) 屋島の合戦で敗れた平家一門が、安徳帝を擁しこの地に落ち延びられ、平知盛ほか80余名が天の高市(武家屋敷跡)に25軒の住を構え、都とした折に、この泉水を供御水とされたとされている。


         杉に囲まれた杉原神社                       アオキの赤い実が目立つ

また、これより 200年前、横倉山が日本国霊峰48ヶ山の一つとして有名になった頃、修験者の清め水として使用されたとも伝えられている。」とある。緩い登りの山道を暫らく行くと、 800年近い由緒をもつ「横倉宮」がある。説明版によると「横倉宮は正治二年(1200)八月八日、安徳天皇は23歳で山上の行宮で亡くなられ、鞠ヶ奈路に葬られた。


                       長い階段を上ると横倉宮がある

同年九月八日、平知盛が王室大神宮とあがめて横倉山頂に神殿を建てて祭る。歴代領主が崇拝し、しばしば社殿の修改築をした。現在の建物は明治三十年(1897)頃の改築で、以前は横倉権現といったが、明治四年に御嶽神社と改め、昭和二十四年(1949)十二月二十三日、天皇崩御 750年祭りのときに横倉宮と改められた。」とある。


                        石段の奥に安徳天皇御陵墓

神社の裏は「馬鹿だめし」と呼ばれる断崖絶壁になっている。神社から更に暫らく行くと広い石段があり、安徳天皇御陵墓がある。説明板には「文治元年(1187)壇ノ浦の決戦に敗亡した平家の残党が、ひそかに幼帝安徳皇(81代)を擁して文治三年この山に潜幸され、従臣らと蹴鞠の遊びをされた処と伝えられ、(よって鞠ヶ奈呂陵墓ともいう) 正治二年(1200)に宝算23才で崩じ給いこの地に奉葬される。


                      林間に咲くオンツツジとガクウツギ

様式は歴代皇陵墓と同一型で、県下唯一の宮内庁所管地として陵墓守を配置している。明治十六年御陵伝説地に指定。昭和元年参考地に指定」と記されている。入り口には「みだりに構内に立ち入らぬ事」「魚鳥を取らぬ事」[竹木等を切らぬ事」という宮内庁の立て札が立っている。そこから沢を横切り丸太の階段道を上って行くと「畝傍山眺望所」がある。


                       展望所から越智町方面を望む

ここからは先ほど越えて来た横倉宮のある、馬鹿だめしと呼ばれる岩場や、その向こうに兜嶽が聳える。眼下には大桐川が蛇行しているのが見える。そして流れは桐生ダムとなって仁淀川に合流する。山並の向こうにはには蟠蛇森や虚空蔵山が見えている。ここからは欝蒼とした森林の中を空池を経て住吉神社まで道が続いている。


                   陰地に生えるミヤマナルコユリとギンリョウソウ

この辺りから空池周辺にかけては珍しい植物が多い。空池は四億年前の日本最古のサンゴ礁石灰岩がカルスト状になり、水たまりのない凹地になっており、庭園のような趣を醸し出している。ここから住吉神社までは200m足らずで、住吉神社は鎖の架かった急峻な断崖の上にある。住吉神社は幻の黒滝社と称され、山上三嶽の一つ西の嶽で、一の鎖を伝って降り、更に二の鎖をよじ登って断崖の上に立つ。


                         空池周辺のドリーネ群

絶壁上に天皇の従臣、花山中納言葵政を祀る社祠がある。多くの伝説を秘めた横倉山。この山に 700種以上もあるといわれる植物、かって牧野富太郎少年がこの山に足繁く通って、新種のヨコグラノキなども発見した。特微のある地形と地質など、登る人の興味によって色々なことを教えてくれる山である。


                         西の嶽から南の眺望

《コースタイム》 国道 20分(車)→第三駐車場 15分→杉原神社 20分→横倉宮 10分→御陵参考地
          10分→畝傍山眺望所 10分→空池 10分→住吉神社 20分→ 横倉宮 25分→
          第三駐車場 歩行時間 約 2時間  難易度 1A345 
          駐車場 登山口に有り  登山道 整備されているが急坂有り   次の横倉山に行く
ページの最初に戻る