四国山岳紀行 No038-930504 工石山(くいしやま) 1176m △1(工石山)
                          高知県土佐町/高知市 地図 土佐山(北西)  山岳紀行トップヘ


             登山口から見た工石山                 最初は植林の中を登って行く

ここは高知県土佐町と高知市土佐山の境にある赤良木トンネルである。赤良木峠のすぐ西側に聳えるのが工石山(1176m) で、この辺りは県立自然公園で、昭和42年には全国初の自然休養林に指定されている。工石山へは赤良木トンネル南口の青少年自然の家の側から登山道が始る。30分程登ると「杖塚の碑」が立つ広場に着く。ここには高知営林局創立100周年記念のタイムカプセルが埋設されており、100年後の2086年に開封されることになっている。ここから先は道は分かれるが今回は左に南周コースを辿って行く。


         タイムカプセルのある県民の森石標                 トサミズキの開花

この辺りからはモミジイチゴ、トサミズキ、ヤマザクラ、ミツバツツジなどの花が目を楽しませてくれる。岩場に設けられた赤良木展望台の所まで来ると、高度が上がったせいか展望台に立つと、遠くの山並が手に取るように見渡せる。林を抜けて赤良木遊園地のある広場に着くと、今まで見えなかった南側の視界が開けて高知市街や浦戸湾が望める。自然に出来た木の門を潜り進んで行くと、アケボノツツジが現れ始める。今年は寒い風が吹いたので花が少し痛んでいる。


          赤良木遊園地から高知市方面                自然にできた木の根の門

更に進んで行くと岩場にヒノキの白骨林がある標高1020m の「桧屏風岩」に着く。ここからの眺望も良く、眼下にはかって北山越えといわれた街道が谷筋を縫って、高知平野の方に延びているのが見える。高知市正蓮寺から土佐山の赤良木峠を経て、本山町に通じる現在の県道の高知本山線は、この北山越えのルートの一つでもある。この辺りは風衝地帯なのか、桧の大木が白骨と化して異様な風景を醸し出している。


         桧屏風岩の上に生える桧の白骨樹                 入港の目印になった妙体岩

ここ屏風岩西方、約700mの対岸には、「妙体岩」と呼ばれる太平洋を見下す絶壁の大岩があって、その昔、山内一豊公が土佐入国の際、舟入コースの目標として無事入国を果たしたという伝説の岩でもある。屏風岩から妙体岩を左に見ながら、約400m行くと鏡川の源流である「サイの河原」に着く。標高1000m を流れる水は冷たく、清らかな環境にしか住めないといわれる、サンショウウオの仲間の生息地となっている。


            清水の流れる賽の河原                      山肌を彩るアケボノツツジ

流れの石の上でミソサザイが縄張りを主張しているのだろうか、けたたましくさえずっている。ここから頂上までは約30分、この辺りから頂上にかけてはアケボノツツジやシャクナゲが多く、小鳥の楽園でもある。チチチッとヒガラが群れを成して木の芽を啄ばんでいた。アケボノツツジやアセビの花を眺めながら登って行くと展望台のある頂上に着く。その側には一等三角点本点がある。


         一等三角点のある頂上の展望台                  ほのかな香りを放つアセビの花

説明板によるとこの工石山の一等三角点は、五万分の一の地図を作るとき、基準とするために設けられ、地図を作るときには、その中に含まれる地球上の点の水平位置と高さが解かっていないと、山や道路を図上に描くことが出来ないため、国土地理院ではこのような三角点を4キロメートル毎に一点の割りに設けてあり、この工石山のような一等三角点は、これら三角点の中でも特に多額の費用と高い精度で測られたもので、45キロメートル毎に設けられている三角点である。


              頂上付近の樹林帯                   彩り添えるアケボノツツジ

展望台に立つと南側は山並の向こうに高知市街とその向こうに太平洋が広がる。北側には四国山地の山並が見渡せる。山頂にはアカガシとブナが並んで生えている。暖温帯のカシと冷温帯のブナの混生である。このような自然の状態がまとまって残っているのは珍しいという。帰りは北周りコースを下った。北の頂からの眺めもよい。豊富な植生と多様な自然が残る工石山であった。

《コースタイム》 登山口 30分→杖塚 10分→展望所 5分→遊園地 10分→桧屏風岩 5分→ 賽の河原
          30分→頂上 5分→北の頂 35分→杖塚 20分→登山口
          歩行時間 2時間30分 難易度1A345
          駐車場 登山口に有り 登山道 整備されている
ページの最初に戻る